とむとむのどーでも良い日々

日々の出来事をそこはかとなく書き綴る日記です

変な夢

ここでの「夢」は、寝ているときの「夢」です。希望や目標の夢ではありません。希望も夢もありません(笑)。
自分はほぼ毎日夢を見、ほとんどの夢を覚えています。フルカラーです。元々夢ですから突拍子も無い夢も多いのですが、昨晩(今朝)見た夢は今まで見たことも無い夢でした。
多分、お腹が空いていたのでしょう。食べ物を目的に家族と買い物へ。しかし家族は昔の姿です。買出しは自転車だったのですが、いつの間にか見知らぬ駅に到着して、電車に。その電車で寝てしまい、起きると真っ白な冬景色の、隣に何故かエレベーターの試験施設がある駅に降り立っていました。家族はいなくなっていて、とりあえず自分が知っている駅に戻ろうと電車に乗ろうとしますが、電光掲示板には見知らぬ駅の行き先ばかり。今自分がどこにいるのかもわからないので路線図を探していたら、何故か踏み切りを渡ります。渡るときに左を見たら、特急列車がすぐそこまで迫っていました。踏み切りは賑わっており、自分は無事に通り抜けましたが、自分の後ろは阿鼻叫喚の大事故。そんな状況なのに、まいったなぁと思いつつ冷静に実家に連絡を取ろうと試みるのですが、なぜか電話番号の三桁目が入力できません。試行錯誤してたらいつの間にか病院にいて、看護師さん数名と世間話を開始。医者らしき人が自分の治療について説明すると登場し、それを待つ間に何故か前述の駅の前に移動しました。そして先生の説明を受け、色々な器具を買うことになったのですが、総額が350万円を越えており(笑)、こんなの無理だと話してたら、いつの間にか入院病棟へ。隔離されているような感覚となって脱出を試みますが、出口付近で院長先生に捕まり、何故かその場で注射&点滴を受けました。自分は激しく抵抗して針を抜き、なぜこんなことをするのかと問い合わせると、何か説明していたのですが、どうも話がおかしい。院長先生が見ていた資料をふんだくると、別名で年齢も違う別人の資料。医療ミスじゃないかと詰め寄ったところで目が覚めました(笑)。
我ながら意味不明(笑)。書いてないことでも細かく変なところがありました。てゆーか、エレベーターの試験場がほんとに意味わかりません(笑)。パネルのようなものをワイヤーで吊り下げて落下させていました。耐久力のテストですかね。
電車に乗って見知らぬ駅に辿り着き、帰ろうとしても帰れない夢は、非常に良く見ます。乗り物に乗る夢は多いですねぇ。飛ぶ夢も良く見ます。飛ぶ夢の場合、大体途中で夢だと気づくのですが、何故か思うように飛べなくなることが多いです。そういや、昨日の夢も面白かったです。四脚の椅子に乗ると何故かバイクのように走れるのですが、走っている最中にどこかのチームに誘われて、選手としてエントリーするという(笑)。
夢占いやフロイト先生など、夢について色々と分析やら意味づけがあるようですが、毎日変な夢を見てると気にする暇もありません。気にするつもりはあまりありませんが、わけわかんない夢はやっぱりちょっと気になっちゃいますね。

広告を非表示にする
スポンサーリンク