読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむとむのどーでも良い日々

日々の出来事をそこはかとなく書き綴る日記です

Dell Data Vault

ここ数日不調だったメインマシン(Alienware14)の状態が解決しました。どうやらDell Data Vaultというサービスが原因のようです。
原因不明で色々なドライバなどを再インストールしている際、再起動時の挙動がおかしいことに気づいたのです。再起動後、ちょっと(1〜2分後?)すると、ファンがぶん回ってマウスカーソルが動かなくなるほどの高負荷がかかるのです。スリープからの復帰時も、パスワード入力時にパスワードがなかなか入力できないほどの高負荷。この状態になると、ソフトの起動とかもできなくなるのですが、この状態自体はすぐ解消されます。しかし、その直後に落ちてしまったりすることが多かったのです。
再現する現象なら、調査のし様はあります。再起動直後にタスクマネージャーを起動。プロセスタブ内でCPU使用率で降順ソートしておき、現象発生後(発生中はリストの更新が行われない)にリスト上位にあるイメージがあやしいことになります。早速確認すると、「delldatavault.exe」なるものが。このイメージ名でググると、日本語の情報がほとんどありませんでしたが、どうやらウィルスでは無さそう。名称からしてメーカーソフトなのはわかりますしね。仕方ないので英語のサイトを見ると、自分と同時期くらいに話題を挙げている掲示板を発見。「こんなんいらねー。サービス止めたらスッキリしたぜーハッハッー」(超意訳)てなやり取りを見つけたので、早速サービスを停止しました。このサービスは遅延実行設定されていたので、まさに発生している現象そのもの。無効化して再起動後、少なくとも高負荷現象は無くなりました。
その後、スリープからの復帰なども、何も問題なくなりました。まぁ、他のソフトのドライバーや設定も色々と変更しているので確実にこれだけが問題とは言えませんけどね。他ソフトとの相性問題の可能性は残っています。
どうやらこのサービス、最近いつの間にか紛れ込んだようで、英語のサイトでは結構話題に。でも日本語サイトはあんまり話題になっていないようです。とりあえずイライラ原因の一つが解消されて気分が良いです。てか、Dellのサポート関連のソフトって碌なことしないなぁ。サポートのためのソフトが問題起こして、しかもそれで「問題あり」とはいいつつサポート期間終了しているのでなにもしませんて…。その上アンインストール難しいのが多いし。ヘタな広告より性質悪い。なんとかなんないかなぁ。

スポンサーリンク