読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむとむのどーでも良い日々

日々の出来事をそこはかとなく書き綴る日記です

ラダトームの「村」を製作中

ゲーム Minecraft

ラダトームの「村」目的も無くただただ洞窟を踏破していたマイクラ。いい加減何かしたいなーと思っていたのですが、いよいよ以前から作ってみようかと思っていた人工の村作成に着手しました。やっとやる気になりました(笑)。
人工の村自体は、実は二箇所作成済みです。アイアンゴーレムトラップと取引所です(笑)。村人育成所の感が否めませんが、マイクラとしての村の要件を満たしているので、村人増殖が可能なのです。ですから、立派な村なのです。しかし今回は、村人が普通に過ごせる人工の村を作りたいと思ったわけです。
無駄に無計画に作っても面白くありません。そこで、ドラゴンクエストIラダトームの城下町をパクモチーフにしました。あの町、好きなんです。ただ、そのままのサイズだと周辺合わせても32×32の規模です。村人さんとの縮尺も合いませんし、狭苦しいので快適に過ごせないでしょう。よって、縦横2倍、面積比4倍のサイズとしました。村として適当なサイズです。そのまますべて4倍ではマイクラとしてのリアリティに欠けるので、壁のサイズ等は1ブロックにしました。
とりあえず見栄えは完成です。屋根をつけているので建物の中が見えませんが、一応それなりの内装を作り、印象を変えない程度の装飾をしてあります。どうにかラダトームの町に見えると思うのですが…。
しかし一点問題が。照明が足りないのです。今回は見栄えに気を遣っているので、地面に直接たいまつは置きたくありません。しかし中央にあるような街灯でカバーしようとすると、ニョキニョキ街灯が立つことになって、これもダメです。照明が足りないので湧き潰しができておらず、まだ村人を迎え入れられないのです。うまい具合に照明隠す方法を模索しています。緑地をカーペットにするしかないのかな…。
湧き潰しが完了したら、外にうじゃうじゃ沸く村人ゾンビを治療して迎え入れる予定です。やっぱり目的のある建築は、楽しいです。

スポンサーリンク