読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむとむのどーでも良い日々

日々の出来事をそこはかとなく書き綴る日記です

包丁で指を削ってしまった

これは書いておかないと…でも痛い話が嫌いな人は読まないでください。
ちょっと気力も食欲も体重も落ちている今日この頃、何か食べなきゃと思いつつ、色々あってやる気なし。でも少し気が向いたので、買ってあったセブンイレブンの青椒肉絲を作ることに。これなら美味しくいただけるだろうということで。昔より高くなってるのがネックですけどね。
以前も書きましたが、この青椒肉絲はピーマン切って追加するタイプです。当然ピーマンを切る必要があります。調子良くトントントンと切りながら、「包丁の扱いも随分慣れたなぁ」なんてことを考えていたら…サクっと。やってしまいました。切ったというより、抉ったというか、削ってしまいました。左手の人差し指と中指の第二関節付近。綺麗な棒状に指の皮(肉?)が二本。人差し指のほうが傷が大きく。長さ1cm、深さ0.5mm程度でしょうか。傷口は赤い地に白いつぶつぶが見えます。思っていたより痛くありません。やっちまったーとか思っていたら、しばらくしてから血がにじみ出てきました。とりあえず調理の最中ですし、この血をなんとかしないといけません。幸い台所ですから、水道は目の前にあります。まず傷口を洗いました。ここで初めて痛いと感じました。洗い終わるとすぐ血が出てきます。ティッシュで押さえたりするのは細かいチリが入りそうだったので、水分を軽くふき取り、絆創膏をペタリ。血が止まっていませんが、染み出たら交換でいこうと考えたわけです。いったん対応は完了。そのまま料理続行しました。
食事も終わったので、絆創膏を交換。思ったより出血は激しくないのですが、血は止まっていません。傷は少し乾燥させた方が良いと聞いていたので、交換時に少し放置していたら、ここまであまり感じなかった痛みがでてきたので、わりとすぐ絆創膏を貼ってしまいました。滅菌パッドタイプは持っていないので、明日にでも探してみます。
単純な切り傷ではないため、これは傷口がくっつくタイプの怪我ではありません。面倒だなぁ。痕も残りそうです。やっぱり油断したり作業に集中できないと危ないですね。気をつけましょう。

スポンサーリンク