読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむとむのどーでも良い日々

日々の出来事をそこはかとなく書き綴る日記です

真・女神転生4FINALをプレイ

昨日は眠くて遊べなかった真・女神転生4FINAL、今日は遊びました。割とガッツリと。とは言っても主人公のまだLv12で、チュートリアルの範疇から脱していないと思われます。一応、悪魔合体や武器購入等は行える状態なんですけどね。基本的にメガテンの場合、そのマップに出現する仲魔になる敵はすべて捕まえて、かつ可能な限り合体させて、出来る仲魔はなるべく作ってから次に行くというスタイルなので、すげー時間がかかるのです。無駄も多いのですけどね。合体させた悪魔が次のマップに普通に出てきたり。おそらくレベル補正があるゲームですので、ある一定レベルを超えると、そのマップでは効率が非常に悪くなるのです。効率悪いとは知っていても、最低でも出現悪魔は仲魔にしますけどね。

前作にあたる4をやっていないので4がどうなのか知りませんが、マップが升目じゃなくなっています。通常フィールドは3Dなのですが、戦闘は2Dのようです。真3が好きな自分としては残念に思いつつ、プレスターンバトルが完全復活しているのが嬉しいです。あと、シンボルエンカウントになっており、少なくとも今のところバックアタックは食らっていません。

主人公が死んでも、戦闘に勝てればゲームオーバーにならないのですね。これは一応パートナーが悪魔を使役できる設定だからでしょうか。一度だけ主人公が死んで、ああっと思ったら、そのまま戦闘が継続したのでぽかーんとしてしまいました。難易度が3種類あるのですが、中間難易度だからですかね。とりあえず、常に全滅覚悟しないといけない真3に比べるとかなりぬるい気がします。ま、序盤ですからなんとも言えませんがね。

全体の雰囲気が、SJより3に近くなっている気がします。主人公もアレですし、今のところデモニカも出てきてないようですし、世界が閉塞された東京ですし。真3は人間がほとんどいないですが、4FINALは人間もいっぱいいるので、孤独感はありませんけどね。

好きなのに最終ダンジョンに入るとやめてしまうメガテンシリーズ。クリアしたことがあるのは真3だけです。さて、4FINALはクリアできるでしょうか。 

 

スポンサーリンク