読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむとむのどーでも良い日々

日々の出来事をそこはかとなく書き綴る日記です

オクターブチューニングしてみた

ギター

以前書いたエレキギターの6弦、フレットによって音が少しおかしかったのですが、おかしく感じるときとそうでないときがありました。で、やっと気づいたのですが、高音になるにつれおかしく聴こえる度合いが強い気がしたのです。ハッと気づきました。オクターブチューニングがずれているのだと。確認したところ、6弦はハーモニクスと12フレットの音の高さが明らかに違います(ハーモニクスの方が高い)。念のため自分の音感を確認するためにサイレントギターの方も確認しましたが、こちらはすべての弦がバッチリ。それに比べてパシフィカの方は、6弦が明らかに異なり、1弦も微妙に違うことがわかりました。どうりでチューニング不安定なわけです。

早速オクターブチューニングに挑戦。アコースティックギターではやらない(やれない)作業なので、恐る恐るです。でも、直ったみたいです。少なくとも調整前よりは気持ち悪さが減りました。

エレキってクラシックに比べて押さえ方で音程が変わりやすいです。なので、押さえ方の問題だとずっと思っていました。こういう調整って大事なんですねぇ。弦高も調整できるのですが、また今度挑戦したいと思います。まだ体調が少しおかしいので、今回は見送ります。

ある意味便利だと思いましたが、こういう調整がしやすくできている=くるいやすいってことかもしれません。アコースティックだと職人芸的手段を使わないと調整できませんが、逆にくるいづらいってことかもしれません。一長一短ですね。まぁ、今後は少し気持ち良く弾けるでしょうし、もしおかしくなっても(ある程度)調整できるようになったので、満足です。 

  

YAMAHA サイレントギター ナイロン弦仕様 ナチュラル SLG200N NT

YAMAHA サイレントギター ナイロン弦仕様 ナチュラル SLG200N NT

 

 

スポンサーリンク